セラピストに悩みをきいてもらう

色のことについて、友人にたくさんのことを話していた時に、友人に誘われてカラーセラピーを受けることにしました。その時、カラーセラピーと言っても、自分にとって好きな色を知ることはできるだけという、そんな軽い気持ちであったのです。そして自分の好きな色などのことについて、カラーセラピーのセラピストの人と話をしたのです。

 

すると、なんとなく自分どうすればもっといいのかという気持ちに自然となることができたのです。どうしてわかっているのに、行動することができないのかそのことについても知ることができました。

 

単なる好きな色を決めるという、そんな単純なことだけではなかったということです。しかもセラピストの人と話をしていると、自分の悩みなどを聞いてもらうことができたのです。それは不思議なことですが、そんなことを話すつもりがないのに、自然と話すことができたのです。その後は、心がスッキリした気持ちになることができました。