色というのは色彩心理学的にも様々な力を持っているとされています。闘争心を高めたり、心を落ち着けたり、ということがあったりします。色の力を生かすことができる能力を持っている人がカラーセラピストということになります。資格はありますが国家資格ではありませんし、これがないとできないような行為があるというわけではないです。しかし、様々なことにおいて役に立つことがあります。実生活でもインテリアとか服飾などに生かすということができるようになりますから、割と面白い資格であり、能力であるといえるでしょう。ですから、カラーセラピーというのは身につけておくべき知識の一つであるといえるでしょう。体に関しては自律神経失調症などにおいて心を落ち着かせるという意味において作用があったりすることもあります。傷を癒すということではないのですが、それで精神に作用するという意味においてはかなり役に立つことがありますから、意識しておいたほうがよいでしょう。