洋服というのは、いろいろな色を楽しむことができるのでとてもいいですね。その色の洋服を着ることにより、気持ちさえも変えることが出来るのです。色彩には心理学的にも気持ちや行動に影響を与えると言われています。それは素晴らしい事ですね。そんな時、その季節に合わせて自分が着たい洋服の色を変えることにしています。それは、なんと言ってもその季節感を一番感じることができるからです。街を歩いていても、その季節を感じる洋服の色を見ると、季節を意識することができます。その時、日本に生まれて本当に良かったと思える瞬間でもあります。
ここでは私が行っている季節による、コーデ色についてご紹介します。

・春はパステル
春と言うと、なんとなくウキウキした気持ちになることがありませんか?その時、とても気分が上がるのです。新学期と言う感じもして、気持ちが明るく前向きになる時期ですね。その時には、気持ちをあげるためにパステルカラーの洋服を着ることにしています。それで花見をしたりして楽しんでいます。

・夏はブルー
夏の色として、なんといってもブルーを上げることができます。それは暑い時期にブルー色を見ると、スーっとする爽やかな気持ちになることができるからです。涼しい印象を与えることが出来るし、自分自身も涼しく感じることができるのではないでしょうか。

・秋はブラウン
秋と言うと、枯葉の季節であると思うことがありますね。そのため、枯葉色のブラウンの洋服を着ることが多くなります。そしてそれをきたり、街ゆく人を見たりすると秋がきたと思うことができます。

・冬は黒
黒は、あまり着ないようにしていましたが最近は冬に着ることが多くなりました。それは、黒を着ることにより冬の寒さを少し和らげることができると思っているからです。また冬は、重ね着をすることが多いので、その点で黒を基調とすると色のバランスをよくすることができます。

季節感を感じる色というのは、自分が身につけるとその季節を肌で感じることができると言えますね。

PR|生命保険の口コミ.COM内職 アルバイト住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣お小遣いNET英語上達の秘訣健康マニアによる無病ライフ童話マッサージのリアル口コミ.comAGAでお悩み解決エステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報会社経営に必要な知恵袋