カラーセラピーとは一つの心理療法になります。名前の通り、色を使う心理療法であり、色によって様々なことを引き出したり、発見したり、改善したり、ということができるようになります。無意識に選んだ色から様々なことが推測できたりする、ということになります。それは確実というほどではないですし、民間療法の域を大きく超えないようなものではあるのですが、それでもカウンセリングなどは正式に行われています。身体の傷に対しては当然、効果はまったくないのですが心理的な部分に関してはかなり刺激があるとされていますから、やり方次第では実生活でも役に立てることができるようになります。そうしたことができるわけですから、学ぶことにはそれなりに利点があります。色をどんな風に使うべきであるのか、どんな効果があるのか、ということがわかればそれを逆手にとって活用したりすることも不可能ではありませんから、ビジネスなどにも役に立ったりするわけです。